横浜鶴見支部 神奈川土建一般労働組合
ホーム 加入のご案内 お役立ちリンク
鶴見支部 各種ご案内 カレンダー お問い合わせ
     

地域の建設職人組合 神奈川土建・横浜鶴見支部 ホームページへようこそ

電話窓口は、TEL 045-508-5101


 

06 労災保険

労災の加入も豊かな実績を持つ神奈川土建へ

手続きをすべて代行します
事業主・一人親方の特別加入ができます
格安の事務費です
保険料は一括払い及び年3回までの分納ができます

 
 

労災保険 1

 
 

神奈川土建は厚生労働大臣認可の労働保険事務組合です

仕事上のケガは神奈川土建へ

 神奈川土建はすべての支部が厚生労働大臣認可の労働保険事務組合として、労災・雇用保険の加入・保険料納付・事故が起きた時の面倒な手続きもすべて組合で行っています。

'05年10月1日から未加入事業所の罰則が強化されました

 一人でも労働者・職人を使う建設の事業所は労災保険加入が義務づけられています。

 万が一、未加入で事故が起きた時は、補償は事業主・事業所の責任となり、従業員には労災給付が行なわれますが、給付された全額が事業所に請求される場合もあります。

 刑事罰が問われることもあります。必ず労災保険に入りましょう。

  神奈川土建では労災認定の困難なアスベスト肺疾患等についても多くの認定を勝ち取っています。

 

労災保険のすぐれた給付内容

●療養補償
   …治癒するまで医療費の全額が補償されます。
     (自己負担なし)

●休業補償
   …休業4日目から日額平均賃金の8割が
     休業日数分補償されます。

●障害補償
   …障害の程度により一時金または、
     年金が支給されます。

●遺族補償
   …遺族数に応じて相当額の一時金または、
     年金が支給されます。

 

労働保険「国の制度で自分も従業員も安心して働ける職場」へ

●雇用保険=失業時だけでなく、求人・各種援助金も

●労働者災害補償(労災)保険=仕事中のけがを補償します。

 

組合員からあなたへ メッセージ

「やっぱり神奈川土建は頼りになるな!」

現場で「俺はケガしないから労災は入らない」なんて言ってる人がいるけれど、誰もケガしようと思ってケガした訳じゃないんだよな!

建設の現場は、注意して作業を行っていても、思わぬところでケガをするもの。

そんな時、迅速な対応、わかりやすい説明、書類作成など「やっぱ神奈川土建は頼りになるな!」って思います。

 

 
 

労災保険 2

 
 

現場でのケガはこれで安心!

事業所労災 保険料

 労災保険料(年間)
  = 元請工事金額×労務比率 0.21×保険料率(建築事業)0.013

建設業は、年間の元請工事の金額で、労災保険料を計算します。

労災保険は、社員、日雇い、臨時、外国人、アルバイト、パートなどすべての労働者・職人に適用されます。

 

一人親方・事業主は神奈川土建で特別加入を

一人親方や事業主は、特別加入すれば労災保険の適用が受けられます。

神奈川土建の事務組合を通して加入できます。

(労働基準監督署へ直接行っても特別加入することはできません。)

特別加入の場合は、表の給付基礎日額によって、年間保険料を算定します。

 

国とメーカーを相手に建設アスベスト訴訟

2008年6月30日に横浜地裁に第一次訴訟団が提訴し、東京地裁と併せ首都圏全体で388人の一大訴訟となっています。

2011年6月23日に提訴3周年行動を2,000人規模で開催し、横浜地裁では年内の結審そして2012年春の判決が濃厚となりなりました。

全国で最初となる建設労働者のアスベスト被害に対する、国とアスベスト関連企業への損害賠償を求めた初めての判決がこの横浜で下されることとなりました。

この判決は原告だけでなく、将来に向けた「明日は我が身」である全ての建設労働者を救済するための大きな判決となります。

勝訴判決を勝ち取るため裁判所にむけた「公正判決を求める100万筆署名」を全国的な規模で取り組みます。

年内に神奈川土建では20万筆を必ずやりきる目標として掲げています(様々な団体・個人への要請)。

全ての組合員のご協力をお願いいたします。

第2次原告団団長の八巻冨信(座間海老名支部)さんは「外も暑いけれど私たちも熱い、勝利に向け頑張りましょう」と決起集会であいさつしています。

 

 

 

神奈川土建一般労働組合 横浜鶴見支部
電話: 045-508-5101  FAX: 045-508-5253
住所: 横浜市鶴見区鶴見中央4-32-5   地図はこちら

 

(C) 神奈川土建一般労働組合 横浜鶴見支部    サイトマップ