横浜鶴見支部 神奈川土建一般労働組合
ホーム 加入のご案内 お役立ちリンク
鶴見支部 各種ご案内 カレンダー お問い合わせ
     

地域の建設職人組合 神奈川土建・横浜鶴見支部 ホームページへようこそ

電話窓口は、TEL 045-508-5101


 

05 健康診断

アスベスト対策にも役立つ無料の健康診断

年度内1回の無料健康診断。
日曜日の健診は春と秋。
  平日も実施、支部へ申し込みを。

 
 

健康診断 1

 
 

家族もふくめ無料の健康診断

●通常の健康診断は保険が利きませんので全額自己負担となります。

  しかし、建設国保に加入していれば、
 年度内(4月1日〜翌年3月31日)1回に限り、
 無料で健康診断が受けられます。

 無料の健康診断は加入者のためになるだけでなく、
 病気を予防、早期発見し、
 独自で運営している私たちの国保財政を
 安定したものにするのにも役立っています。

 家族(20才以上)も無料。積極的に受診してください。

●利用方法は、日曜日と平日で異なります。

 

半日ドックなみの健康診断

 

無料の特定保健指導

40歳以上の方で、健診の結果から特定保健指導対象者となった場合には、無料で特定保健指導を受けることができます。

特定保健指導とは保健師や管理栄養士などの専門スタッフから生活習慣改善のアドバイスを受け、6ヶ月後に確認を行うものです。

 

 

 
 

健康診断 2

 
 

アスベスト問題でも先進的な役割を果たしてきました

胸部レントゲンの専門医による見直しで、病気の早期発見・早期治療

 社会的な問題となっているアスベストです が、輸入された内の8割以上が建設資材に含まれていることから、神奈川土建では20年以上前から警鐘を鳴らしてきました。

 神奈川土建では、これまでに80人以上がアスベストによる労災認定を受け、全国的にもっとも進んだ取り組みとなっています。

  これは、建設国保加入者が年に1回無料で健康診断が受けられることに加え、この組合健康診断で撮影された胸部レントゲン写真を組合が医療機関から借り受けて、専門医がもう一度見直す作業(再読影)を行っているためです。

 さらに国保組合には2名の専属保健師を配置して、アスベスト問題をはじめとする健康相談にあたっています。

  また、仕事をする上で必要になった、「石綿作業主任者講習」も県内組合の中でもっとも早く行っています。

  アスベストの問題でも、仲間の立場に立って速やかに仕事と暮らしの応援をしています。

 

健康づくり事業に取り組んでいます

 病気の早期発見・早期治療と生活習慣病の予防のために、一人ひとりが、自分の身体がどのようになっているかを知り、そのことに関心をもち、生活の見直しができる力をつくっていけることを目的として、2006年7月から、健康づくり事業に積極的に取り組んでいます。

 

アスベスト対策も建設国保で

「健康診断で安心の毎日を過ごしましょう」

アスベストの多くは建材に使われてきました。

その為、建設の仕事に携わる人は気付かないうちにアスベストを吸い込んでしまっています。

健康診断時の胸のレントゲンを後日、アスベストの専門医がチェック(読影)し、病気の早期発見・早期治療・労災の認定への取り組みを行っています。

ぜひ、健康診断を受け、安心して過ごして頂ければと思います。

 

 

 

神奈川土建一般労働組合 横浜鶴見支部
電話: 045-508-5101  FAX: 045-508-5253
住所: 横浜市鶴見区鶴見中央4-32-5   地図はこちら

 

(C) 神奈川土建一般労働組合 横浜鶴見支部    サイトマップ